当事務所の基本理念について

 「満足度の高い税理士を選ぶためには?」の項目で述べましたとおり、お客様の満足度を左右するものとして、「サービス精神」、「サービスの量」、「サービスの質」の3つがあり、それらの数値の高低により、満足度が異なってくるということがわかりました。当事務所は、お客様の満足度を最大限高めるべく努力をしたいと考えております。即ち、「税理士への不満」の項目に挙がっている事に該当しないようにするのはもちろんのこと、それにプラスアルファをしていきたいと考えております。具体的なサービス内容は、別途メニューの方でご覧いただきたいのですが、その根本にある原理原則の部分についてここでは述べたいと思います(極めて当たり前の事ばかりですが)。

(1) サービス精神について

 私は、現在30代であり、平均年齢が約60歳といわれる税理士業界の中では、「若手」に入ります。サービス精神というものは「心」「体」の2つの要素により成り立っていると思われます。ここで、ポイントとなるのが、「体」の部分です。「心」の部分については、年齢差はあまり関係ないのではないかと思います。しかし、「体」の部分については、一般論として、年齢が若いほどフットワークが軽いという事が挙げられます。具体例を申し上げますと、「サービスしたいけど肉体的にきつい」や「フットワークが軽いから、プラスアルファの事をしてさし上げよう」 などです。当事務所では、サービス精神を行動で表す為に、以下の事を実行します。

  • わかりやすい説明を心がける。(専門用語はなるべく使わない。)
  • 仕事は迅速に行う。(時は金なりです。時宜を逸した情報は意味を持たない場合があります。)

(2) サービスの量について

 当事務所では、「必要最低限の事のみをしてほしい」というお客様のニーズにはお答え出来かねます。「安かろう悪かろう」という仕事はなるべく避けたいと考えている為です。もちろん、安くてもとても素晴らしいサービスを提供できる事務所は多数あるかと思います。しかし、少人数の当事務所においてそれだけの体制を構築する事は現状では難しいと考えているからです。当事務所で、サービスの量を確保するために実行することは以下の通りです。

  • 訪問やメールなどで、お客様とのコミュニケーションを積極的にとる(これが信頼関係構築の第一歩です。)
  • お役に立つ税務情報を積極的にお伝えする。(プラスになる情報はどんどん発信します。)

(3) サービスの質について

 税理士業務は税法をもとに様々な処理を行います。「税法がいろいろなところで、相互に絡み合っている」というのはすでにご説明したとおりですが、税理士の業務は税金面にとどまらず、周辺業務(社会保険・不動産・登記など)とも密接に絡みあっています。よって、1つの事象につき、税金間での影響、資金繰りという視点、銀行での決算書の見方、そして税金の周辺分野である保険や登記など、様々な観点から、鳥瞰的・俯瞰的に判断するということが極めて重要になってきます。これを実現するために、以下の事を実行します。

  • 各税目につきバランスよく勉強をする。(研修会などに積極的に参加する。)
  • 税制改正などタイムリーな情報を積極的に収集する。(専門誌・業界紙など。)
  • 税務に絡む周辺の専門知識については、士業のネットワークによりカバーする。(餅は餅屋です。)
  • 事後処理型ではなく、事前提案型のスタイルを重視する。(事後処理は誰でも出来ます。重要なのは事前のご提案です。)

(4) サービスを担保するもの

 これは特に、法人・個人事業主(継続関与)のお客様に関わる事ですが、税理士事務所には、いわゆる「大規模事務所(従業員が何十人もいる)」と「中小事務所(税理士事務所平均従業員数は5人以下といわれています)」の2つがあります。大規模事務所や、中小事務所でも比較的従業員が多い事務所などでは、物理的に税理士が全てに目を通すという事は出来ません(小規模事務所でも出来ないかもしれません)。これは、即ち、満足度が下がる方向に向かっているという事に他なりません。

当事務所では、サービスの満足度を最重視していますので、「税理士自身のサービスが満足に提供出来ない。」と判断した場合には、規模の拡大(すなわち新規関与の募集)をストップします。なぜなら、既にお客様になって頂いている方々を大切にするという事が最重要課題であると考えるからです。よって「当事務所を選んで頂いた方(適正規模でストップ)に対して最大限のサービスをする」という事が、上記基本理念を担保するものであると言えるでしょう。

(補足事項)
 相続・贈与・譲渡については、いわゆるスポット(単発)業務ですので、上記には該当しません。よって、出来る限り対応させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

(5) 具体的なサービス内容

 具体的な業務内容は、「サービスのご案内」をご覧ください。

  • 法人や個人事業をされているお客様 → 税務会計業務
  • 相続税の申告についてお悩みのお客様 → 相続税業務
  • 上記以外のお客様 → その他の業務